行きつけの「日本航空コーヒー」と呼ばれるカフェに行って熱いコーヒーを頼んだら、

「経営悪化のために人員削減をして、店員を半分にしましたがきっと問題ありません。まあ、コーヒーが出てくるまで20分ほどかかりますが、経営悪化なのでご協力ください。あと、光熱費削減のためコーヒーの温度は40度です!さらに私たちは、コーヒーカップ、ミルクと砂糖すべてのサイズを軽くしたことで、輸送や調理に必要なCO2を削減でき、私たちは環境に優しい企業なんです!環境のためにご協力ください!そちらの方はコーラで良いですか?アルミ缶だとゴミが出るし高いので、ペットボトルから私たちの指定するカップをご利用ください!一口サイズなのでトイレに行く回数が減っていいでしょ?あ、おかわりが欲しいなら自分でトイレ前の常温棚からを勝手に取ってきてね!昔はお菓子とかも一緒においてたんだけど、お客が持って行くから無くしちゃった!

あと店舗内に置いてある新聞は邪魔だから置かないことにしたわ。他のお店では無料で配ってるらしいけれど、私たち紙は環境に悪くムダで、ごみになると思うので廃止にしてみました!え?飛行機のほうが新聞を刷るより多くのCO2を放出する?だから、新聞とかカップとかトレーのサイズを全部小さくしたんでしょ!本当は今まで下請けの奴らに掃除を任せてたら本店から店員も掃除をしろって言われたんだよね。新聞くちゃくちゃにして座席のところに置かれると面倒くさいんだよ。あ、でもいまのは聞かなかったことにして。でも、良いニュースがあるの!聞いて聞いて!

今年三月からコスト削減のために一部の店舗面積を縮めます。でも、安心してください。内装や座席も全部新しいのに変わります!!ね?嬉しいでしょ?え?何が良いかわからない?お答えしましょう!ズバリ、多くのお客様を詰め込み、回転を高めるために椅子を小さなサイズに変更し、ライバル店と同じサイズのお部屋に240席も詰めることが出来ました!なんとライバル店と比べてまったく同じ店舗面積に40人ほど多くのカーゴ、いえ、お客様が積め、いいえ、座れます!!座席密度を高めたことで効率が良くなりグリーンでエコな企業に進化し続けます!グリーンと言えばお金、エコとはもちろんエコノミーのことです!本日も日本航空コーヒーをご利用いただきましてありがとうございました。

あ、VIPエグゼクティブ席のお客様の座席もお値段据え置きで小さいものになります。ああ、でも安心して、仕切りも無くなって開放感あふれる空間になりましたから!お隣りの人を眺めたり気軽におしゃべりできますよ!!!あと、前の圧迫感をなくすために椅子はリクライニングを前より緩めにしておきました。ふひひ、私たちって経費削減と一緒に環境も守れてえらい企業でしょ。また来てね」

行きつけのお店がこんなこと始めたら二度と行かない。クレーマー臭いけど、上のはまさに今の日本航空がやってる事。常連のお店でこんなことされたら常連客はあきれて別の店に行く。飛行機会社だって同じ。会社の経費削減なんて客には関係ないこと。経営破綻後、JALに乗ると「日本航空を選んでくれてありがとうございます!!!」の連呼。降りるときにすごい疲れる。